公共の太陽光発電と住宅の太陽光発電

公共の太陽光発電の効率

太陽光発電はもともと宇宙ステーション用に開発されたものです。現代、人工衛星などの電力供給方法はソーラーパネルが主流であり、最も活躍しています。一方、地上で使われている公共の太陽光発電はあまり効率が良くありません。大気中での使用は夜と天候によって宇宙空間に比べると10パーセントも電力を生み出すことができないでいます。公共の太陽光発電でもっとも効率がいいのは宇宙で使われているソーラーパネルです。そうしたことを鑑みるとソーラーパネルへの理解が深まります。

住宅の太陽光発電の上手な使い方

一般の人は宇宙には縁がないので必然的に住宅の屋根などに設置することになるでしょう。その場合はまず将来への投資という意味合いが強くなります。それというのも現代の科学力では地上でのソーラーパネルの運用は採算が取れないのです。なのでソーラーパネルを設置しても利益は出ませんが、将来は大きく変わってきます。これからくる宇宙時代において、何もない宇宙空間ではソーラーパネルが主流となるのは間違いないからです。そうした未来に備えることを考えて太陽光発電を使っていきましょう。

太陽光発電は将来性の強いエネルギー

近い将来軌道エレベーターを設置することになるそうですが、そのさいには確実に大規模な太陽光発電が行われることになります。そうなるといままでソーラーパネルを運用してきた実績が物を言うようになるのです。そうした将来を見据えて住宅に太陽光発電を設置する人は多くなってきています。公共の太陽光発電も大気中での効率がどんどん上げる研究が進んでいるのです。未来を見据えて、太陽光発電と積極的に付き合っていくといいでしょう。

太陽光発電のデメリットは、太陽光を利用しているため天候に左右されやすく、発電量が不安定であることです。