LED照明とは一体何か

LED照明の概要について

LED照明はLight emitting diodeの事を指し、従来型の白熱電球や蛍光灯タイプの製品と比較すると大幅に消費電力を抑制して発熱もあまりしないので、一般家庭や多くの事業所のメイン照明として利用されています。ここ数年のLED照明は蛍光灯タイプだと目に優しい商品も登場しており、コンビニエンスストアや鉄道会社にも導入されているので社会全体の省エネ化が進んできていて、普及が高まった事で手に入りやすくなりました。

LED照明はどんな商品を買えば良いか

LED照明は様々な商品が開発・発売されており、主な物に蛍光灯・電球・懐中電灯等が挙げられます。電球はE17型・E26型がメインになっていますが、それぞれの数値は口金部分(電気を取り込む先端部位・単位はmm)の直径の事を指し、製品を購入する場合は事前に必ず直径を確認しておく必要があります。購入で不安がある場合は、以前に使っていた電球を家電量販店の売り場に持っていくと販売員が丁寧に購入すべき商品を教えてもらえます。

LED照明はどれだけ節約出来るか

LED照を使う上で最も気になる点は「電気代」ですが、想像しているよりもはるかに節約が出来ます。電球タイプだと80%・蛍光灯タイプだと20〜50%程度電力をカット出来る商品が多いので、自宅にいる時間が長くて照明の電力使用比率が高い家庭は毎月数百円単位で電気代を節約出来るでしょう。明るさを自動調整するシーリングタイプの蛍光灯はセンサーが自動で明るさを検知して部屋を照らしてくれるので、ストレスなく電気代の節約が可能です。

LEDライトパネルは、防水仕様の製品も存在しており、屋外でも安心して使用できます。また、紫外線を発生しないため、虫が集まるのを防げる点も魅力です。