備えて安心!?BCP対策とはどういう意味なの?

緊急時の事業継続に備える

災害が発生してしまった場合には、会社によっては事業を行うのが難しくなってしまう場合が多いですよね。通常の業務を行えなくなってしまうだけでなく、他社との連絡も行えなくなってしまうでしょう。そんな時に、BCP対策を取っておくと、災害時などであっても通常通りの業務を継続できるようになるんですよ。電気やコンピュータ等に対策をしておかなければ、事業を再開するまでに時間が掛かってしまう可能性もあるので注意が必要ですよね。

BCP対策で注意すべき事とは?

BCP対策において重要となるのは、会社の中で重要な機能を分散させるという取り組みでしょう。災害などによって一箇所の機能が低下してしまった場合であっても、機能を分散していれば業務への支障を最小限に抑えられるようになるんですよ。直接災害によって被害を受けた場所でなくても機能がストップしてしまう事態を防ぐと、災害時に社外の人と素早く連絡を取れるようになり、お互いの状況を速やかに把握出来るようになるでしょう。

BCP対策をより安全に行うためには

BCP対策を行う場合には、災害時などに必要となる情報を複数の場所で共有しておく工夫が求められるでしょう。一箇所のデータベースの情報が使えなくなってしまった場合であっても、他の場所でデータを取り出せれば、業務が止まってしまう事態は避けられますよね。また、ネットワークを多重化すると、通信回路に異常が発生してしまった場合であっても、別のネットワークを利用して通信を行えるというメリットがあり、災害時に効果を発揮するでしょう。

BCP対策とはBusiness Continuity Planのことで、日本語では事業継続計画と訳されています。