太陽光発電の投資を始めようと考えている方へ

太陽光発電に投資するメリット

太陽光発電を投資として考えた場合、メリットがあるのか?勿論投資ですから、元本を保障される訳ではありません。可能性の問題になってきますが、現在の状況から考えて、かなりリスクは少ないのではないでしょうか?2012年から、太陽光発電した電力の固定買い取り制度が始まりました。投資場合の太陽光発電は、10キロワット以上の全量を買い取ってくれる制度に当たります。全量買い取りの場合、設備の運転を開始した時から、20年間開始時と同じ金額で電力を買い取ってもらう事が出来ます。これが一番大きなメリットです。

太陽光発電に投資するデメリット

太陽光発電で造った電力を、同じ金額で20年間買い取って貰える。これだけ聞かされるとデメリットなんか無いのでは?と思うかも知れません。しかし、太陽光発電を投資として考えた場合もリスクはあります。まず、20年間の固定買い取り価格は、年度ごとに徐々に引き下げられて来ている事です。利益を確実に確保する為には、これからの場合は特に、早い決断をしなければならないでしょう。もうひとつは、自然災害によるリスクがあります。

太陽光発電は投資として考えられる?

20年間という長いスパンで固定買い取り制度があるので、太陽光発電は投資として考えられでしょう。投資で利益を得るのは勿論、co2削減等の社会的貢献にもなってきます。自然災害が起きた場合の不安は確かにあります。特に津波の被害が出た場合が深刻です。地震や台風による災害の場合は、カバーできる保険もあるようです。また自分の土地に、自己所有の太陽光発電設備を取り付ける以外に、投資ファンドを購入する投資方法もあります。投資ファンドの場合でも全てではありませんが、同じメリットとデメリットが存在するでしょう。

太陽光発電投資をすることで、不労所得を得られると評判になっています。若い世代の人はもちろん、年金生活をしている世代の人にも人気です。