腰痛は寝ている時に原因が?理由と改善の方法とは

一点だけに体重がかかることが原因

人は寝るときに敷布団やマットレスを使っていますが、どんなものでもいいやと思って使っていることが腰痛を引き起こしているのかもしれません。柔らかい敷布団やマットレスを使っていると、身体の中でも重いお尻が深く沈み込んでしまいます。その結果お尻のすぐ上にある腰に体重がかかってしまい、眠っている間にも大きな負担をかけてしまっているのです。さらに柔らかい敷布団やマットレスは寝返りも打ちにくいので身体の疲れもとれないという悪循環を繰り返してしまうのです。

体圧分散できるものを使うこと

寝ている時の腰の負担を軽減するためには、体圧分散ができる敷布団やマットレスを利用してみましょう。体圧分散は身体を「面」ではなく「点」で支えるため、身体が沈み込み過ぎることがないので人間の背骨の自然な形である緩いS字カーブを寝ている間も保つことができるようになるので、腰に負担をかけないようになっています。寝起きに腰が痛いという場合には、体圧分散ができる敷布団やマットレスに変えるだけで症状が軽減することがあります。

身体の癖も改善していこう

寝ている時に長時間同じ姿勢をしていることが腰痛の原因となるように、日ごろ何気なく行っている身体の使い方の癖が腰痛を引き起こしていることもあります。同じ足を組んだり、同じ方向で荷物を持つという癖はその代表的なものです。いつも右足を組む人は左足の方を組むようにする、右手で荷物を持つ癖がある人は、気を付けて左手でも持つようにするというだけでも身体のバランスがとれるようになり、腰の痛みが軽減していくことがあります。

腰痛の名古屋の整骨院の治療法の良しあしを把握するうえで、患者の体験談を参考にすることが良いでしょう。